ロールプレイングクラス(各2.5時間 2名までの少人数クラス)


ロールプレイングクラス(課題発見講習、課題解決講習):

 

•課題発見講習と課題解決講習の2本立て

課題発見講習は必ず一回受講していただきます。

課題解決講習は複数回受講可能です。

 

•経験代謝を重視

これまで通り、「CDAの基本コンセプトである経験代謝の理解を踏まえたロールプレイが出来ること」という目的を達成するためのアドバイスを、経験豊富な講師が提供します。JCDAで実技試験を受ける方には最適な面接対策となります。

  

•参加者一人一人の課題に合わせたきめ細やかな指導

ご自身の評価と講師のフィードバックを基に、課題シートで注力すべき課題を明確にし、その実現に向けた進捗を管理します。特に複数回ロールプレイング演習を申し込んだ方に有効です。

課題発見講習から課題カルテを作成し、講師間で共有します。これにより複数の講師が担当しても受講生の方の課題は引き継がれ、解決すべく全力を尽くします。

 

 

•効果的に講習時間を使います

「夢かなジム」では、他の受講生の方から、キャリアコンサルタント役の方へのフィードバックはしていただきません。これは、他の受講生に対する気遣いや遠慮により、表面的なコメントになったり、場合によっては、フィードバックを受ける人にとって却ってマイナスになるコメントが出る恐れがあるからです。

また、受講生同志による悩みの共有や解決のための議論をする時間を設けることもしません。一見、似たような悩みが出ることが多く、お互い、同じような悩みだねと慰めあっても、その対策は、その人のパーソナリティーや人生経験などによりそれぞれです。講師から、これまでの知見を基に、その人に合った対策を個別にアドバイスする方が、限られた貴重な時間のより有効な時間の使い方と考えています。

 


● 課題発見講習
  (2.5時間、但し、受講生が1名の場合、多少、短めになることをご了承ください)

「夢かなジム」CDA2次試験対策講習イメージ

【目的】

  1. 試験対策講座で学んだことが実践できるか検証します
  2. ロールプレイングを通じて課題を見つけます
  3. ケースを通じて、経験代謝における経験の再現を理解します
  4. ここで見つけた課題を解決講座でトレーニングしていきます


【講習の内容】
 講師に対するロールプレイングを体験し、自分のカウンセリングにおけるスタイルを見つけだします。そして今後のトレーニングに向け、課題を明確化します。
 クライエント・ケースは講師が厳選し、準備したものを使用します。
 講師によるロールプレイングのフィードバックが受けられます。また、相談内容を分析し、経験の再現の仕方の解説を受けることで、具体的な理解が進みます。
 ロールプレイングは録音可能です。後で聞き返すことで、冷静に振り返ることができます。更に、講師よりメールでのフィードバックを別途、受けるオプションも用意しています。講習受講後にこちらからメールをお送りします。


● 課題解決講習
  (2.5時間、但し、受講生が1名の場合、多少、短めになることをご了承ください)

【目的】

  1. 課題発見講習で見つけた課題を改善・解決します。
  2. クライエント経験を通じ、どのような質問によって自己開示したくなるのか体験し、効果的な質問を理解します。
  3. ロールプレイングだけでなく、口頭試問まで、実際の試験形式を体感します。

【講習の内容】
 ロールプレイングを通して、自らのカウンセリングスタイルの課題を改善していきます。
講師によるロールプレイングのフィードバックが受けられます。

 課題解決講習では、クライエントケースを自身で用意していただき、講師が事前にそれをレビューします。作成したケースのクライエント役を自ら行うことで、効果的な質問の仕方を体感していきます。


下図が「夢かなジム」のCDA2次試験対策講義・講習の全体像です:

「夢かなジム」CDA2次試験対策講習体系図

 

クラスでの受講をご検討の方は申し込みの前に開講スケジュールをご確認ください。



講習を都度、個別に申し込まれる場合は、右の「少人数制講習の個別料金とお申込み方法」のボタンを押してください。

 

標準パターンの講習をまとめて受講希望の方と再受講される方には、お得なパック割引料金での講習をご提供しています。
また、パックをご友人と一緒にお申込みいただければ、更に、友人割引もございます

パックでのお申込みの場合、右の「少人数制講習のパック料金とお申込み方法」のボタンを押してください。



また、教室の場所については、右のボタンを押してご覧ください。